<< 子どもだって、自分の好きなことをしたい。可能性を潰さないでほしい | main | 日本の教育に今、足りないもの。 >>

『スポンサーサイト』

  • 【-】

一定期間更新がないため広告を表示しています


『子どもの好奇心を育むとは、どういうことか。』

子どもの好奇心を育むとは、どういうことか。

普段、よく教育系の団体に関わったり、子育てイベントを開催したり、
色々な手段で子どもに関わっておりますが、
なぜ、そういったことをするのか。

もちろん、自分自身が特異な教育を受けて、教育に対し意識が高くなった。という理由もあり。
単純に子どもが好きだ、という理由もあります。
話しをしていても、大人より子どものほうが話が合ったり・・・(自分が精神的に幼いだけかな?笑)

理由の1つとして、
「世界を純真な目で見る」
「何事も面白そうに見えてしまう好奇心」
に、惹かれる。という理由もあります。



先入観がなければ、世界をありのまま見ることになります。
「なぜ、信号を無視してはいけないのか」
「なぜ、ご飯の時にジュースを飲んではいけないのか」
「なぜ、無理をして仕事をするのか・・・?」

普段、私たちが考えないようなことを、子どもたちは考えています。
大人も同じような疑問を抱いたのだと思いますが、
考えすぎると、思考停止に陥ってしまいますよね。

そういった疑問を抱ける、それに気づける力だったり、
地球の色んなものを「面白そう」と思える力だったり・・・
そういった、子どもならではといいますか、
ある意味、世界に揉まれてしまう前のその力は、
世界をもっと良くしようという原動力になったり、
大人は見逃してしまう社会の理不尽を見逃さず、
それを変えていこうとする。

そんな子どもに可能性を感じていますし、
自分自身もそういった人間であり続けよう。と思って生きています。

自分自身の興味関心に従って、
疑問を追求していけるような、そんな社会って、いいなぁ。

『スポンサーサイト』

  • 【-】


コメント

コメントする










Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Profile



米澤悠亮 (よねすけ)

西宮サドベリースクール元生徒(OB)、
現在は広報担当スタッフ。

「子どもたちにとって、本当によい学校環境とはなにか」を考えることの出来るような場創りを行っています。
サドベリーに関わったものとして、教育をもっとよくしていきたい。

詳細プロフィールを表示


Recent Articles




Category










Link


《スタッフブログ》
スクールブログ
かずまブログ
ぐらブログ
よねすけブログ
《ホームページ、SNS》
西宮サドベリースクールHP
西宮サドベリーTwitter
西宮サドベリーfacebook

PR
search this site.
others