『スポンサーサイト』

  • 【-】

一定期間更新がないため広告を表示しています


『競争して消耗する社会から、共創してそれぞれを活かす社会へ。』

特に最近、教育の意義・必要性をよく考えてしまいます。

アフリカの文化や民族のあり方に興味を持って最近は良く本を読んでいますが、
教育を受けたくても受けることのできない子どもたちが存在する場合、明確なニーズとして、
教育の必要性を感じることができます。

あとは立場上、教育を受けることができない人達がいる場合も、明確なニーズが存在する。
例えばアフリカじゃないけど、パキスタンの場合。
最年少でノーベル平和賞を獲得したというマララさんの物語は有名ですが、
女子差別で教育を受けることのできない子どもたちも存在する。

 

マララさん「全ての子どもに質の高い教育を」



http://www.asahi.com/articles/ASGDB01DFGD9UHBI02M.html



彼女は現在17歳。同年代として、すごく尊敬します。
相手に立ち向かっていくその勇気は、本当にすごいもの。

あとはバングラデシュのe-education
ネパールのルーム・トゥ・リード
これらのNPOも、元々は教育が行き届いていない地域に、
新しい学びの形を提供した。それも多くの子どもたちに。

では、学びの機会はある程度均等に提供されている日本で、いかに必要性を見出すか?
そもそもニーズは存在するのか?
あれだけ不登校だ不登校だと騒がれているのに?

実際は学校の環境がよくない場合が多いだけであって、
不登校をしていても、図書館や自宅で学んでいるという子は多いそう。
それに、サドベリーの子たちは見ていても、「学びたい」というニーズを感じることが多い。
自分自身もそうだ。

今の教育に見切りをつけ、新たな学びの形を求めている人もいる。
ホームスクールだったり、また学校とは異なる環境だったり。
自分の場合は、そういう子たちのための環境作りこそ、自分の使命なのかなぁと。。。
結局、元に戻ってしまいました。


最後に、こんな面白い記事をシェアしておきます。

「未来のエジソンを育てよう!」―異才発掘プロジェクト



http://blogos.com/article/94345/



既存の公教育システムでは、パラダイムシフトを起こす可能性のある人材でも、
システムに合致しないからといって、排除してしまう可能性がある。
今の教育システムでは”点数”としてはカウントできないが、天才的な偉業をなしている子もいる。
そういった子たちを、すくい上げるためのプロジェクトらしい。

本来的には単一の評価軸だけで判断する社会自体が不毛だから、
もっと多元的な軸だったり、そもそも上が勝手に評価・判断するのでなく、
各自の能力を活かせる社会のほうがいい。単一軸で判断するから、やがてはコモディティ化する。
しかし現状、可能性のある子でも既存の価値観に合致しないから批判・場合によっては排除するのが今の日本社会。
そういった子たちをすくい上げるシステムがあるだけでも、まだ救いなのだと思う。

無駄に競争して消耗するのでなく、それぞれがそれぞれの特性を活かして分業し合う社会を望みます。

『「どうして解散するんですか?」 小学4年生の解散問いかけサイトから見る、大人と子どもの関係性』

そういえば最近、ネットで炎上、SNS等で議論されたサイトがありました。
 

「どうして解散するんですか?」と小学4年生が問いかけるウェブサイトが、政治系のNPO団体代表の大学生による企画だったことが明らかになり、閉鎖に追い込まれました。


http://blogos.com/article/99701/


小学4年生が解散に異議を唱えたサイトを作成したものの、実は運営していたのは、
NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」という団体の大学生で、
「子どもを盾にするな」「NPOが選挙に関与するのは法律違反だ」と炎上しました。

ネット上では意見が対立。炎上が炎上を呼び、Facebookでは特に、一時期この話題で持ちきりに・・・。

実は高校生時代に「高校生だけで運営や企画、広報や資金調達をやろうぜ!」というイベントに主催側として参加したことがあり、
なかには今回の代表の方とつながっている人も何人かおりました。
当時からちょくちょく話しを聞いていましたが、今回の青木氏は高校生から見れば憧れの対象であり、
上記の団体も高校生・大学生が運営する団体としては、相当な影響力を持っていたようです。

何より一連の事件が拡散、SNSでの叩き方を見ていると、
こちらまで悲しくなってきました。

失敗や、少し間違った行為をしてしまった若者を、
大人が全力で叩き潰す。「叩く」より「叩き潰す」の方が、表現としては適切かもしれません。
大人と子どもの関係性を常に考えているものからすれば、とても見逃せるものではありません。

叩き潰して、何か意味があるのだろうか?
今回の事件を見ていたら、昔感じた、大人と子ども間での理不尽さを思い出しました。

少し失敗しただけで、ヒステリックを起こしたように怒鳴る。
ちょっとのミスも許さない。
理由は、気に入らないから。それだけ。

ある意味、今回でその関係性の脆さが露呈したとも取れるかな、と思いました。
「子どもは大人より下だ」「子どもには何をしてもいい」
という大人と子どもの関係性を、今もう一度考えなおしてもいいんじゃないか。

大人と子どもは対等だし、同じものさしで計ったほうがいい、
子どもの立場になって考えずに行動するから、色んな問題が起きているんだ、
と提唱している自分としては、見逃せない問題でした。

最後に、こんな記事も紹介しておきます。
どれだけ子どもを叩いて潰した所で、自分が行動しなければ、何も変わらないのです。。。
 

【よろしくやってんじゃねえよ理論】批判の9割は嫉妬。ー 本当の意味で自由に生きている人は、それを見ている人の心まで自由にする。

http://ibaya.hatenablog.com/entry/2014/11/21/151546


『子どもの可能性と、純粋に世界を見る視点。』

子どもの可能性と、純粋に世界を見る視点。

先日、11/16(日)に、奈良で教育や子どもについての話をしてきました。
内容はサドベリー教育の紹介と、子どもの可能性について。
プレゼン資料を作成する中で頭の中で考えていることが多少まとまったので、こっちで少しシェアします。

前から、教育の意味と可能性について考えてきました。
良いところも見える一方で、疑問点も見えてしまう。
マイノリティな教育を受けたものとして、公教育の良いところと疑問点が両方見えてしまい、それをとても見逃せず・・・という感じ。



教育を語る時、いつも話しているのは、
「子どもは自分が知識や経験を必要としている時、自ら学んでいく力がある」
ということ。

無理やり知識を与えられる状況ではなくて、自分で学んでいく立場・環境にある時、
わざわざ大人が介入しなくたって自分で学んでいける。
これは例外もあると思うけど、
公教育以外のオルタナティブ教育(代替教育)全体における視点だと思います。

自分もそんな、ある意味自由主義の中で学んできたから、その視点には凄く納得いく。
それに、子どもの好奇心が芽生える瞬間を見るのが凄く素敵というか、
もはや神秘的じゃないかと思うぐらい、とにかく素敵なんですよね。笑

未知を探求したいという気持ちは潜在的には人間皆あると思うし、
好奇心を満たしている時ほど幸せなことは中々ない!
そんな場に携われる事自体幸せだし、
そうやって好奇心を追求していけるような、そんな場をつくりたいと思っている。


でもこれ、あくまでミクロな視点なんですよね。
いい意味では子どもに寄り添った考え方、悪く言えば近視眼的。
途上国では学ぼうと思っても学べる環境にない家庭もたくさんあるし、
1人1人の幸福や自由選択よりも全体としての経済発展が重要だから、
マクロ的な視点で教育投資をする。それを悪いこととは言えない。
そもそも投資して設備を整えないことには、本もインターネットも使えないし。

結局教育とはなにかという考え方の違いなんだけど、
ある程度自由選択の機会を得た社会では、ミクロ的視点に立った教育も必要だと思います。
事実、全体を見てきたからこその今の不登校数があるとも言えるし。
一番力を入れるべきは間違いなく公教育だけどね。
いろんな未知の世界を知っていく、
その場に寄り添えるほど素敵なことは中々ないと思いました。

『日本の教育に今、足りないもの。』

さてさて、普段執筆させて頂いてるこちらのブログですが、
普段は携わっているサドベリースクールスタッフとしての教育観を考えてみたり、
日常の生徒の様子を伝えています。

ですが、教育に疑問を呈するようなニュース記事も
こちらで投稿させて頂こうと思っているので、ぜひご覧ください。

というわけで、ネットサーフィンしていたら見つけた記事を紹介します。
今回はちょっと難しい目の記事です。


世界で活躍している人は「結局、体力と根性がハンパない」
–実は日本教育に全然足りないもの




グローバルだとか起業家とかは読み飛ばして頂いて構いません。笑
面白いのは下記の部分。
 

インプットの授業はいらない

日本の教育に何が足りないかというのは、ずっとハーバードにいて思ったのは、先ほどのインプットの話。インターネットはすごく進んで、インプットの教育というのはもはや要らない、大学には要らないというのが僕の意見です。

それはインターネットでハーバードの授業を勝手に受けてくださいと。ハーバードとは限らないですけれども、そういった世界最高峰の授業は、もう皆さん受けられるんです。だから、もう全然聞く必要ないですね、日本の授業なんて。

では、大学は何をするべきかというと、アウトプットの教育が圧倒的に足りない。何かの組織を立ち上げたりだとか、先ほどの議論、ディスカッションだとかアイデアを生むところだとか、そのアウトプットのところの教育を思いっきりフォーカスして政府が取り組めば、全く違った形になるのではないかと思います。
引用:http://logmi.jp/28128



まぁこれまでずっと詰め込み教育でやってきましたから、今更インプットが必要ないといえば必要ないし、
知識が必要になればネットで検索したりすれば、必要な情報は集められますからね。

例えば普段僕はプログラミングなどはしませんが、自分のブログを作るという時、
コードをネットから拾ってきて作成しました。
一から完全に作ったわけではないけど、レイアウトを変えたいという時は簡単にコードを書くことができる。
という状況にあるので、もうインプットは必要ないんじゃないのと言われています。

サドベリースクールも本で”情報革命後の教育”だと言われていまして、
インターネット上で無限に必要な知識を集めることができるので、
もはや教科の授業も必要ない、という考えで運営しています。
(もちろんインターネットでなくとも魅力的な教育ですが、よりサドベリーの良さが活かされる)

個人的な意見としては、インプットが必要ないとは思いませんが、
大学教育でインプットしたものをもっとアウトプットできる社会になればと思います。
小・中学生も夜10時11時まで勉強に取り組んでいる状態なのに、それが有効に活かされていない、
そんな気がしています。
せっかく無理をして詰め込んだものも、しばらくすればどこかへ消えていってしまう。
また自分の専門分野を活かせる環境もあまりない。

教育水準が高いけど、学んだことは忘却の彼方へ・・・という状態よりは、
インプットした情報はそれほどでもないけど、それを最大限生かす。
その方が本人にとってもよいだろうし、社会的にもよい結果がでる。
そんな社会になればなと、考えています。

『子どもの好奇心を育むとは、どういうことか。』

子どもの好奇心を育むとは、どういうことか。

普段、よく教育系の団体に関わったり、子育てイベントを開催したり、
色々な手段で子どもに関わっておりますが、
なぜ、そういったことをするのか。

もちろん、自分自身が特異な教育を受けて、教育に対し意識が高くなった。という理由もあり。
単純に子どもが好きだ、という理由もあります。
話しをしていても、大人より子どものほうが話が合ったり・・・(自分が精神的に幼いだけかな?笑)

理由の1つとして、
「世界を純真な目で見る」
「何事も面白そうに見えてしまう好奇心」
に、惹かれる。という理由もあります。



先入観がなければ、世界をありのまま見ることになります。
「なぜ、信号を無視してはいけないのか」
「なぜ、ご飯の時にジュースを飲んではいけないのか」
「なぜ、無理をして仕事をするのか・・・?」

普段、私たちが考えないようなことを、子どもたちは考えています。
大人も同じような疑問を抱いたのだと思いますが、
考えすぎると、思考停止に陥ってしまいますよね。

そういった疑問を抱ける、それに気づける力だったり、
地球の色んなものを「面白そう」と思える力だったり・・・
そういった、子どもならではといいますか、
ある意味、世界に揉まれてしまう前のその力は、
世界をもっと良くしようという原動力になったり、
大人は見逃してしまう社会の理不尽を見逃さず、
それを変えていこうとする。

そんな子どもに可能性を感じていますし、
自分自身もそういった人間であり続けよう。と思って生きています。

自分自身の興味関心に従って、
疑問を追求していけるような、そんな社会って、いいなぁ。

『子どもだって、自分の好きなことをしたい。可能性を潰さないでほしい』

いよいよ明日から11月です!
スクールも11/4(火)より秋休みが明け、
いつもの日常が始まります。

さてさて、今日はこんなWEBの記事が
最近Facebookにてたくさんシェアされていたので、
こちらを中心にブログを書いて行きたいと思います。

 

「子どもの好きにやらせて!」 5歳で英検2級に合格した少年が、大人たちに苦言



WEB記事:http://logmi.jp/26082


横浜の「ミニカー研究家」と名乗る中学生が、
なんと、あのTEDで大人に苦言を呈したのです。
「子供はすぐ飽きる」「子供だから危ない」――
そんな大人たちの先入観が、いかに子供の可能性にブレーキをかけているか。
大人の価値観の押し付けが、どれだけ子どもの可能性を潰してしまっているのか。


特に最近では、こういった”子育て問題”が拡散されがちです。
それこそ農耕時代は、子どもは小さい時から親の仕事を手伝わなければいけませんから、
早く一人前になるために、自立することを求められました。
それ故、親の介入も少なかったと思います。(仕事や生活に関すること以外は)

しかし近代になり、裕福な家庭が増加し、子育てに余裕を持てるようになりました。
そうした中で、一部の親御さんは過保護とも言えるほど子どもを規則で縛り、
大量のルールを設け、こういうと失礼かもしれませんが、
ある意味「子どもは自分の持ち物」という価値観のもと、
まるで「奴隷のような子育て」行われました。(もちろん、ごく少数だとは思いますが・・・)

これは、「子どもへの信頼のなさ」の裏返しだと思うのは、気のせいでしょうか。。。

「子どもは、自分の力で学んでいくことができる」というのは、
新しい教育やオルタナティブスクール独特の価値観ですが、
それにしても「子どもは何もできないから、大人が全部管理する必要がある」
という価値観で子育てをしている人はごく少数でしょう。

とはいっても、このような価値観で子育てをしていたとしても、大人が全て悪いわけではありません。
というか、この状況で大人だけを叩いていても仕方ありません。
「貧困の連鎖」のような、「人への信頼感のなさの連鎖」のようなものがあるのでしょうか。


最近、子育てイベントを開催したり、
小さなお子さんを持つ方の前でお話する機会が増えてきたのですが、
「子どもは自分で必要なことを学ぶことができる」という価値観と、
そのような価値観を元にした実際の子育ての方法を、
できるだけ紹介するようにしています。
親の教育観が正に上記のようなものだったので、その時の体験談を伝えています。

「子どもは自分のことは自分でできる」という自由主義を元にした教育が全て正しいとは全く思っていませんが、
実際自分はそのような教育を受けて良かったと思っているので、「自分の場合はよかった」と、伝えています。


いくら子どものことを考えるといっても、完全に子どもの気持ちになりきることはできません。
当時みんなが子どもであったのに、大人になるにつれその時の気持ちを忘れていってしまいます。
ニュース記事のように、大人に苦言を呈することのできる子どもは極少数です。
実際は見てみぬふりをしたり、言いたいことがあるのに我慢して過ごしています。

でも、本当に皆にとって「よい」、大人だけが都合のいい社会ではなく、
子どもにとっても大人にとっても「よい」社会を創っていくためには、
子どもの代弁者なり、苦言を呈しやすい環境を作りなり、なんらかの改善は必要不可欠のように思います。


上記のニュースのように、出来るだけ子どもの気持ちを自分の中に残しながら、
自分自身ができるだけ子どものままでいれるよう努力しながら、
これからも各地で教育や子育てに関するお話をしていければと思っています。

そんなことを考えさせてくれました。

『 子どもが輝くステキな学校 オルタナティブスクールお話会』

こんにちは、よねすけです。
台風が相次ぐここ最近ですが、いかがお過ごしでしょうか。

最近、色んな方からイベントのお誘いを頂きます♪
こちらとしては有り難い限りなのですが、
またまたサドベリーに関するイベントにてお話をすることになりました。
自然育児・自然食・新しい教育にご興味のある方はぜひ!


↓以下告知文です。↓

京都亀岡 「くらしと育ちの森 そらまめ」主催!!!

『子どもが輝くステキな学校 オルタナティブスクールお話会』を開催します♪

今年の4月よりスタートした、
自主運営の学校「くらしと育ちの森そらまめ」
は自然豊かな農園で毎日イキイキと活動しています。

学校って「選べる」「つくれる」「楽しめる」をテーマに、
関西で活動されているオルタナティブスクールの方々をお招きしてのお話会になります。

ゲストスピーカーは

箕面こどもの森学園 校長 藤田美保さん
http://kodomono-mori.com/

西宮サドベリースクール 広報スタッフ 米澤悠亮さん
http://www.nishinomiya-sud.com/

デモクラティックスクール まっくろくろすけ 卒業生 児島ひかるさん
http://www.geocities.jp/makkurohp/

司会はなんと!亀岡で有名な勉強を教えない塾 
福幸塾 塾長 福田幸志郎さん にお願いしています。
http://www.fukojuku.com/ 

学校を作ったと言うと、みなさん「???」という顔をされます。

学校って作れるの?
公立の学校に行かなくていいの?
毎日何をしてるの?
勉強は?
大人になって困らない?

オルタナティブスクールとは?フリースクールってなに?
というところもお話していただく予定です。

ぜひ、この機会にお話を聞きにきてください!


【日時】2014年10月25日(土)
    13:00〜16:00

【場所】〒621-0826 京都府亀岡市篠町篠上北裏33
    隅田農園内

【参加費】1000円(高校生以下無料)申込要
,名前⊃与(お子様の場合は年齢も)
E渡暖峭罩じ鯆無ヾ悗鯡正の上、お申込みください。

※お子様連れ大歓迎!託児はありませんが、
自然豊かな農園でのんびり遊んでいただけます。
お子様の様子を見ながらご参加ください。

※駐車場スペースに限りがありますので、
できるだけ公共交通機関をご利用の上お越しください。
お車の場合は乗り合わせて来ていただけましたら助かります。

【参加申込み・お問い合わせ先】
soramame.kameoka@gmail.com
 

『子どもの輝く瞬間に出会う』

なんと!スクールの生徒の子がブレスレットを作ってくれました!



前に総会というミーティングがありまして、
生徒の女の子が輪ゴムでブレスレットを作ってきていました。
その時に「俺にも赤色でブレスレットを作ってよ!」と
お願いしていたんです。そしたらちゃんと作ってきてくれました。
ちなみに、1つ300円。ちゃんとしたビジネスです。笑

教育現場ならどこでもそうだと思いますが、
子どもの側で仕事をしていると、「子どもが輝く瞬間」に出会うことができます。
好奇心で色々知ってみたい。行動したい。調べてみたい。
好奇心で行動している子どもたち。
自分で目標を達成した瞬間。責任を果たした瞬間。

ブレスレットを作ったことで、自分の作ったものに価値を感じてくれて、
貨幣という価値と交換してくれた瞬間。
純粋に作ってくれたことに対して、感謝してくれた瞬間。

大人も子どもも関係なく、そういった行為を通じて
生への楽しみを覚えていくのでしょう。
ちょっと難しい話にはなるかもしれないけど、
そういう場に立ち会えることに喜びを感じます。

特にサドベリーでは好奇心に応じて行動がしている子がほとんどだから、余計に楽しいですね。

そんな場に関わりたい方、ボランティア(サポーター)という形にはなりますが、
ぜひご連絡ください!子どもたちの学びを行う上でサポーターの存在が必要なんです。
運営面での支援行う運営サポーターと、生徒の活動支援を行う生徒サポーター。
両方募集しております。もしご興味のある方は、ひとまずよねすけまでご連絡ください!

yonesuke@nishinomiya-sud.com

『子育て寺子屋!』

早いものでもうすぐ10月!

スクールでは気温が低下したため、
クーラーを使用せずとも普通に生活できるようになり、
秋を実感しております。。。

今日は新しい広報イベントのお知らせです。

9/28(日)に「子育て寺子屋」というイベントにて登壇します!
7月に開催された「幼児教育コレクション」を踏まえて、幼児教育や子育てというテーマで、
もっと話しを深めようというイベントです。

詳細は以下!

---
こそだて寺子屋 第1回のテーマが決定しました!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−
普通校とサドベリースクールに通ったぼくのストーリー
〜親の存在と選びとる力〜
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いわゆるオルタナティブ教育を受けた子供は
どんな大人になるんだろう。

こんな疑問を持ったことはありませんか?

第1回では、普通校とサドベリースクール双方の通学経験を持つ米澤悠亮さんにお話いただきます。
教育する立場ではなく、教育「される」立場の経験談を聞いて見たい方、ぜひこそだて寺子屋にご参加ください。

お申し込みはこちらから
---

内容としては、
そもそもなぜサドベリースクールに通うようになったのか、
公立校とサドベリーに通った経験談、
その後なぜスタッフになったのか。。。
等を話す予定です。

サドベリーの話も最初の方でさせて頂きますので、
サドベリースクールにご興味の在る方もぜひ!
たっぷり時間があるので、色々と議論できるかと思います。

ぜひお気軽にご参加ください!

『2014年度下半期総会が開催されました!』

ああ、やっとブログを更新できた・・・!
月の始めで胃腸炎に感染して一週間ダウンし、その後は溜まった作業に追われてずっと更新できてませんでした。
色々更新したいネタが溜まっているのですが、とりあえずスクールの日常ネタ。

先日、スクールにて下半期の総会が開催されました!
年に2回、広報・会計の報告や戦略を発表して今年度の活動を決定する会で、
生徒・保護者・スタッフが全員参加して決定します。

スクールに勤務して3年目、広報担当でずっとやってきているのである程度慣れてきてはいるものの、
未だに広報戦略作成は骨が折れます 笑
外部でマーケティングや広報の仕事をしたこともないし、ビジネススクールに通ったわけでもない中でやっているので、
当たり前ではあるんですが。
正直今までは良くわからない、戦略性のないものしか作れなかったのですが、今年はそれなりに出来たかな。

この広報活動も、本当によりよい生徒の学びの環境を構築するためにやっています。
オルタナティブ教育業界は教育の職人は多いものの、ビジネスに詳しい人はあまりいません。
活動を拡大するためにはビジネス的視点が必須となります。
特にサドベリーは他のオルタナティブ教育である、
シュタイナー教育やモンテッソーリ教育と比べてあまり知名度が高くありません。
なので、尚更そういった視点が必要な訳です。
教育にビジネス性を持ち込むのはいかがなのかということを言う方がいますが、
戦略もなく闇雲にやるということは、家庭から頂いたお金を無尽蔵にばらまくという結果につながるわけです。
本当に活動を拡大したいと意思決定者全員が思っているのなら、ビジネススキルは必須であり、
そういった戦略性を持ち込む必要があります。

やることは沢山あるけれど、まずは足元から固めていこうと思います。
そのためには、いわゆる「プロボノ」という形で大学生や社会人の方に関わって頂く必要があるのですが、
ご興味のある方はぜひ!笑 
新しい教育をもっと知りたいという方、サドベリーに興味があるし関わりたいという方、お待ちしております!笑



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Profile



米澤悠亮 (よねすけ)

西宮サドベリースクール元生徒(OB)、
現在は広報担当スタッフ。

「子どもたちにとって、本当によい学校環境とはなにか」を考えることの出来るような場創りを行っています。
サドベリーに関わったものとして、教育をもっとよくしていきたい。

詳細プロフィールを表示


Recent Articles




Category










Link


《スタッフブログ》
スクールブログ
かずまブログ
ぐらブログ
よねすけブログ
《ホームページ、SNS》
西宮サドベリースクールHP
西宮サドベリーTwitter
西宮サドベリーfacebook

PR
search this site.
others